【完全版】ふるさと納税の仕組みを理解して、賢く得する方法

【完全版】ふるさと納税の仕組みを理解して、賢く得する方法

3年前から活用している「ふるさと納税」もちろん今年も活用する予定です。
そんな「ふるさと納税」ですが、意外とやっている人もいないのでは?

ということで、ふるさと納税について改めてご説明いたします。


はじめに 〜ふるさと納税とは〜

ふるさと納税とは、地方自治体に寄付できる制度です。

会計上、寄付というと対価を得ないものが該当しますが、
ふるさと納税では、返礼品を受け取ることができます

さらに、寄付した金額から2,000円を引いた金額の
所得税の還付・住民税の税額控除を受けることができる制度となっています。

返礼品ももらえて、税金も安くなるなんて、
たくさんお金がある人はいくらでもやっちゃうよ。

そうだね。
でも、それが出来ないように上限が決まっているんだ


控除可能となる寄付上限額

以下の計算式により限度額が算出できます。

寄付可能上限額=住民税所得割額×課税所得に応じた変数x+2,000円


ちょ・・・!?

まぁそうなるよね(笑)


安心してください。
返礼品サイトにシミュレーションがあるので、簡単に計算できます。

『給与収入』『家族構成』をもとに、簡単に控除限度額が算出されました。
※限度額を超えても寄付は行えます。-2,000円分の控除を受ける事ができる上限をさしています


返礼品の選定

では、控除限度額がわかりましたので、返礼品を決めていきましょう。

商品はふるさと納税のHPにて申し込む事ができます。

・楽天ふると納税
・ふるなび
・さとふる
・ふるさとチョイス

・Yahoo!ふるさと納税
 (一部抜粋)

こんなにあったら悩んじゃうなぁ

ポイント還元があったりするから、比較してみようか


ふるさと納税サイトも以前比べだいぶ増えております。
比較するのにこちらのサイトがオススメです。

>>ふるさと納税ガイド

返礼品数も要チェックですね。

指定対象外自治体について

返礼品を選ぶ際に注意が必要です。
2019年の法改正により、一部自治体への寄付に特別控除が適用されなくなってしまいました
簡潔にいうと、寄付金以上に還元する自治体が増え、自治体によって格差が生まれてしまったからです。

通常の寄付金控除を適用されますが、特別控除適用の自治体を選んで申込みましょう。

適用かどうかは、だいたい返礼品サイトに記載があります。


申込み方法

それでは実際に申込みをおこなってみましょう。

限度額内でおさまるよう商品をカートに追加。
支払い方法を選択し、購入。

最後に、各自治体に寄付金を何に使用してほしいか選択できます。
(個人的にこれが好き)

ん?ワンストップ特例??

よく気がついたね。
確定申告をせずに税額控除を適用できる制度なんだよ。


確定申告・ワンストップ特例で、それぞれ控除適用範囲などの違いがあります。

そちらは次項の中でご説明していきます。


税制優遇の適用申請

申告の方法によって、要件や申請方法がが変わってきます。

確定申告

【対象者】
確定申告を必要とする方(個人事業主、会社員で年間20万円以上の副業による収入がある etc.)
【控除対象】
所得税・翌年の住民税から控除
【特記事項】
確定申告手続きを自分でおこない、必要書類を税務署に提出が必要

年末調整(ワンストップ特例)

【対象者】
確定申告が必要でない方(会社員)
年間で寄付先が5自治体以下
【控除対象】
全額翌年の住民税から控除
【特記事項】
各自治体ごとに、マイナンバー等の書類の郵送が必要

ワンストップ特例は手続きが楽だね

寄付先の上限があるので注意が必要だけど、
確定申告をしない会社員にはとても助かる制度だね


以上で、手続きは完了です。

まとめ

振り返ってみましょう。

・「寄付金 – 2,000円」が税額控除される
・控除適用には限度額がある
・控除適用外の自治体もあるので注意
・申請方法は、確定申告とワンストップ特例の2種類

注意点もありますが、
好きな商品を2,000円で購入できて、差額分を税金から控除できる。
ありがたい制度です。

【補足】おすすめ活用方法

最後におすすめの活用方法をご紹介します。

・長持ちする食料を頼む
・一気に控除額を注文するのではなく、年末に向け段階的に購入

2,000円とはいえ、生活必需品がいいでしょう。となると食料。
そして量が多いほど得をした気がします。
(前は還元率が100%超とかあったので特に)
また、出来るだけ冷凍保存できるものもいいでしょう。
そこでオススメは肉と米。

二つ目は、冬の賞与が変動する人は、ギリギリにならないと年収が想定できません。
となると、見通しがついてから一気に注文だと返礼品の置き場に困ります。
なので限度額の半分ほどは1年の前半で注文し、後半で残りを注文するのがオススメです。

それでは、豊かな節税ライフをすごしましょう!