経理の仕事内容一覧

経理の仕事内容一覧

経理の仕事ってどのようなものをイメージしますか?
一番は経費精算が多いのではないでしょうか。

そんな経理について、仕事内容を紹介していきます。

大企業ですと『経理』『財務』『予算』などで業務分担されていたりしますが、オーラウラウンドに実務をこなす中小企業向けとして、出来るだけで網羅していきたいと思います。





経理の仕事内容一覧(仕事の流れ)


日次業務

・経費精算
・小口管理
・入出金管理
・資金移動対応
・請求書発行(締日次第)
・仕訳起票

日次業務は、日々動く取引に係る処理が主となります。
現金の動きが多いです。

企業によっては、処理を週単位にしていたりもします。


月次業務

・請求書発行(末締)
・経費締め処理
・各種残高の整合性確認
・原価チェック
・月次決算資料作成(予実資料)

月次業務のゴールは月次の数字を確定させることです。
そのためには、経費を締め、各種残高の整合性を確認します。

PL(損益計算書)
収益、費用を固めます。原価の整合性を確認し、総利益から営業利益・経常利益・純利益を出していきます。

BS(貸借対照表)
資産・負債残高の整合性を確認します。

また、経過勘定(未払金など)への振替、前払費用の取り崩しなども行います。
経過勘定は、経費が当月に該当しないため、一時的にPL計上せずBS計上することを言います。(ざっくりですが)


年次業務

・各種残高の整合性確認
・決算書作成
・税務申告処理(税理士へ依頼することも)

月次決算の延長線上となります。
月次では見ない範囲についてもチェックを行います。

そして決算書の作成を行います。
本決算の数字が固まったら、税務申告処理に入ります。

税務申告処理では、会計上経費処理しているものの中から、税法上の経費として認められないものを利益に加算したりなど、最終的な納税額を計算します。


その他

・予実管理
・連結決算(グループ決算)
・四半期決算(上場企業)
・開示資料作成(上場企業)
・有価証券報告書作成(上場企業)

予実管理をやっていない会社はないでしょう。
各社管理の仕方は違っていて、日次で予実管理を行っている企業もあります。

また上場企業特有の業務もあるので、会社の状況に応じて業務は変わってきます。

ちなみに、消費税の課税区分については日次ベースで注意し、月次・年次でチェックしていきます。
消費税の概要にについては別記事にまとめてあります。

▼消費税についての記事はコチラ▼


月次から年次まで

すべて年次決算に向けて、数字を整理しいていくイメージとなります。

日次

月次

年次

その他




忙しい時期は?

本決算がスタートする4月が一番忙しいです。

また、税務申告や開示まで行うと5〜6月もなかなか落ち着きません。
さらに四半期決算がある場合、7.10.1月も忙しくなります。

問題も・・・

社会保険料の標準報酬月額を決定する期間が、4〜6月です。

そうです、まる被りします。。。

こればっかりは経理の宿命です。
業務分担や効率化などで、残業時間削減に取り組むといいです。




やりがいは?

もちろん

あります。

非常に細かい仕事となりますが、最後に財務諸表が完成した時の達成感はたまりません。
また、最初は同じような業務が続き退屈に感じてしまうかもしれないですが、全て年次決算に繋がってる大切な仕事です。

先のイメージをもって取り組むと、やりがいの感じ方も変わってきます。




まとめ

・年次決算はゴール
・ゴールに向けて、日次業務から積み重ねていく
・4月〜6月が繁忙期。社会保険料の算定期間と重なってしまう

概要の説明となってしまいましたが、以上となります。

少しはイメージできたでしょうか。
経理職に興味がある方など、参考にしてもらえると嬉しいです。

*『テレワークで経理』についても記事を書いています*

▼テレワークについての記事はコチラ▼

それでは!